小学生でもわかるSDGs

Uncategorized

SDGsって何?

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、簡単に説明

すると、地球規模の問題を解決するために世界中のみんなで取り組む目標のことです。

SDGsには下記の17の目標があります。

①貧困をなくそう

②飢餓をゼロに

③すべての人に健康と福祉を

④質の高い教育をみんなに

⑤ジェンダー平等を実現しよう

⑥安全な水とトイレを世界中に

⑦エネルギーをみんなにそしてクリーンに

⑧働きがいも経済成長も

⑨産業と技術革新の基盤をつくろう

⑩人や国の不平等をなくそう

⑪住み続けられるまちづくりを

⑫つくる責任つかう責任

⑬気候変動に具体的な対策を

⑭海の豊かさを守ろう

⑮陸の豊かさも守ろう

⑯平和と公正をすべてのひとに

⑰パートナーシップで目標を達成しよう

これらの問題を一人一人が自分事として考え、行動することが重要になります。

SDGsはよりよい未来を目指すための世界共通の目標なのです。

持続可能な開発とは?

SDGsは「持続可能な開発目標」訳されますが、国連では「持続可能な開発」を「将来のニーズに

応える能力を損ねることなく、現在の世代のニーズを満たす開発」と定義しています。

つまり、今の世代だけではなく、子供や孫の世代のことまでを考えた開発が求められているという

ことです。

「持続可能な開発」には次の3つの要素のバランスが重要になってきます。

①経済開発・・・・経済開発によって富や価値を生み出していくこと

②社会的包括・・・社会的に弱い人立場の人も含めて、一人一人の人権を尊重すること

③環境保護・・・・環境を守っていくこと

これまで人類は経済活動を重視して、環境や人権をないがしろにしてきました。

しかし、環境破壊を続ければ地球はダメになりますし、貧困問題を放置すれば、貧富の格差が拡大

し、経済成長が妨げられてしまいます。

ですので、「持続可能な開発」ではこの3つの要素をいかにバランスよく成り立たせるかを私たち

に求めています。

なぜSDGsに取り組むのか

SDGsに取り組む理由としては、人間が環境や人権を考慮せずに利益だけを追求し続けれるような

自由な振る舞いをし続ければ、世界が立ち行かなくなってしまうからです。

「自分たちさえよければよい」という考え方では結果的に自分の首を絞めることになってしまうの

で、世界中の人、一人一人が自分事として問題を考え、協力しあうことが 重用なのです。

SDGsのために一人一人ができること

SGDsのために個人ができることには次のようなものがあります。

・紙やプラスチック、ガラス、アルミをリサイクルする

・エアコンの温度を冬は低め、夏は高めに設定する

・買い物時にエコバックを持参する

・電気を節電する

・使わないものは寄付する

以上のように個人できることは沢山ありますので、小さなことからコツコツ取り組みましょう。

まとめ

・SGDsとは地球規模の問題を解決するために世界中のみんなで取り組む目標のこと

・SGDsでは今の世代だけではなく、子供や孫の世代のことまでを考えた開発が求められている

・地球規模の問題を一人一人が自分事として考えることが重要

・SDGsのために個人でもできることから取り組んでいこう



コメント

タイトルとURLをコピーしました